電気を買いたい

電力購入をご検討中のお客さまへ

電力自由化について

電力小売事業の自由化は、2000年3月からスタートしています。最初は「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。
その後、2004年4月・ 2005年4月には、電力小売事業の自由化の対象は「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと拡大しました
2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店なども自由化の対象となることで完全自由化され、一般家庭への電力の供給も可能になりました。

電圧の種類

特別高圧高圧低圧
需要規模2,000kW以上50kW以上50kW未満
受電電圧20,000V以上6,000V以上100〜200V
建物の目安高層ビル・工場中層ビル・スーバー小売店・一般家庭
特別高圧
需要規模2,000kW以上
受電電圧20,000V以上
建物の目安高層ビル・工場
高圧
需要規模50kW以上
受電電圧6,000V以上
建物の目安中層ビル・スーバー
低圧
需要規模50kW未満
受電電圧100〜200V
建物の目安小売店・一般家庭

フソウ・エナジーを選ぶメリット

  • 安定した電力供給

    当社と契約後も、従来通り送電線は「一般送配電事業者の送電線網」を利用いたします。万一、弊社からの電力供給が不足した場合でも、電力会社(東北電力等)がバックアップして安定供給するため、電力供給がストップすることはありません。電気の品質、供給も今までと変わらずに安心してご利用できます。

  • コスト効果

    電力会社の料金は、契約電力によって決定する「基本料金」と、電気の使用量によって決定する「従量料金」の大きく2つに分かれています。契約電力に対する電気の使用量が少ないお客様は、電気料金全体占める基本料金の割合が高く、削減効果が大きい場合が多いです。

  • 簡単な手続き

    当社への切替に際して、設備投資や初期投資などお客様負担は、原則ありません。書類手続きだけで切り替え可能です。また、工事が必要な場合でも工事費や調査費は電力会社が負担します。

  • お客様毎にお見積もり

    お客様の契約電力、年間電気使用量などを参考に検討し、現在ご契約の電力会社の料金体系をもとにお見積もりを個別に作成しております。

    ※燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金は、制度、料金共に現在の電力会社と同一になります。

電気購入の見積もり依頼はこちら

見積もり依頼

その他お問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6699-1123

受付時間10:00-17:00
(土日、祝日を除く)